昭和記念公園の彼岸花2019の開花状況。今年の開花はやや遅めかも?!

昭和記念公園の彼岸花

昭和記念公園では、9月中旬ごろになると、みんなの原っぱにはキバナコスモス「レモンブライト」が東花畑で見頃を迎えます。

2019年の今年は、キバナコスモスの摘み取り体験が初めて実施されました。

昭和記念公園「キバナコスモス摘み取り体験」に行ってきた。美しいレモンイエローに元気をもらう

キバナコスモスの満開と同時期の9月中旬ぐらいになると、昭和記念公園のあちこちで彼岸花が満開を迎えます。

2019年度の今年の彼岸花の開花状況はどんな感じなのか?

早速行って見てくることにしました。



昭和記念公園「ふれあい橋」付近の彼岸花の開花状況

2018年度の去年は、9月中旬ごろが見頃でした。

昭和記念公園の彼岸花(ヒガンバナ)は9月中旬が見頃!かわいらしいキノコもたくさん

時は2019年9月7日(土)。キバナコスモスを見に行ったときに、彼岸花も咲いているかな?と、ふれあい橋付近に行ってみたのです。

行ってみたところ、

昭和記念公園の彼岸花

なぜか、まったく咲いてない!

うーん、これは一体、どうしたものか・・。

冷夏の影響か?

長雨の影響か?

何か不吉な前兆か?

いや、まだ見に行くのは早すぎたのかもしれません。

再び、3週間後の9月29日(日)に行って見てくることに。

彼岸花の看板

こちらの写真は、2018年のものです。

例年なら、ふれあい橋を渡っていくと、このように「ヒガンバナ」という看板が見えてくるのですが、

昭和記念公園の彼岸花

今年は看板がありません。

やっぱり、今年は咲いてないのかな?と、念のため見に行ってみたら、

昭和記念公園の彼岸花

あぁ、たくさん生えてきているではないですか!

カメラを持って撮影に来ている方たちが、多く訪れていました。

昭和記念公園の彼岸花

密集して生えている赤い彼岸花。

昭和記念公園の彼岸花

白い彼岸花もあります。

昭和記念公園の彼岸花

ポツンと生えている彼岸花。

昭和記念公園の彼岸花

神々しい彼岸花。

昭和記念公園の彼岸花

でも、去年はたくさん生えていたキノコが、今年はほとんど見られませんでした。なぜなんだ?!

水はけが良い場所が好みの彼岸花、去年と比べるとなんとなく本数が少なく元気がないような?そんな中でも、見ているだけで秋を感じるから不思議です。

2019年の今年の彼岸花の見頃は、9月下旬〜10月上旬とやや後ろよりです。

この他にもこもれびの里などでも彼岸花が見られますよ。

どことなく幻想的な気分に浸れる彼岸花。ぜひ、見にいらしてくださいね。


昭和記念公園の「彼岸花」の詳しい情報はこちら

  • 住所:東京都立川市緑町3173
  • 見頃時期:2019年9月下旬
  • 本数:約2万株
  • 入園料:大人450円/中学生以下無料
  • 昭和記念公園の公式ホームページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。