昭和記念公園花火大会の特別協賛者観覧チケットが立川市のふるさと納税で10/1(月)から受付開始

花火

2018年の昭和記念公園の花火大会が、晩秋?いや、初冬とも言える時期に延期されたことは、花火大会を楽しみにしていた方々でしたら、すでにご存知のことかと思います。

【朗報】台風で中止の昭和記念公園花火大会2018が11月23日(金)に秋開催が決定!

花火大会をゆっくり見たい!

そんなあなたにとってもおすすめなのが、花火大会の混雑を気にすることなくゆっくり観ることができる有料席『特別協賛者観覧席』での観覧がおすすめです。

昭和記念公園花火大会の有料観覧席『特別協賛者観覧席』チケットの種類と購入方法

『特別協賛者観覧席』のチケットは、2018年10月1日(月)午前10時より申込みが開始され、公式ホームページのほか、コンビニのローソン、ミニストップ、セブン-イレブンで購入することができます。

花火をゆっくり見られる『特別協賛者観覧席』ですが、

夏に比べるとチケット残数が少ないようです!

先着順で、しかも数が少ないプレミアムチケットですが、もっとお得にチケットを入手する方法があります。

昭和記念公園花火大会チケット

それは、立川市にふるさと納税し、返礼品としてもらう方法です。

夏の時期もふるさと納税のお礼品としてありましたが、今回も返礼品として再登場!

ふるさと納税は、地方自治体に寄付をすることで、税金が控除されて、実質2,000円の負担で豪華な返礼品がもらえるお得な制度です。

寄付した金額から自己負担額2,000円分を除いた金額が、今年の所得税と次年度の住民税から安くなります。2,000円は事務手数料と考えた方がわかりやすいでしょう。

例えば10,000円分を寄付したら、8,000円分の所得税と住民税が安くなります。実質2,000円分の自己負担額で寄付することができる、お得な節税制度なのです。

特別協賛者観覧チケットは、20,000円の寄付でお礼品としてもらうことができます。

ふるさと納税は「ふるさとチョイス」のサイトにて、10月1日(月)12時より申し込みの受付を開始します。

ゆっくりと花火が見たい!

特別席で大切な人と見たい!

という方は「ふるさとチョイス」のサイトから、ぜひ申し込みをしてみてくださいね。

立川市のふるさと納税のお礼品「立川まつり国営昭和記念公園花火大会観覧ペアチケット」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。