立川中華そば「とと ホンテン」で天然だしで透き通った無添加醤油ラーメンを食べてきた

ととホンテン
スポンサーリンク

脂がたっぷりのったラーメンも好きですが、うま味がたっぷり感じられる魚介系のラーメンもときどき食べたくなりませんか?

立川駅北口に「とと ホンテン」という、無添加調味料で素材を活かしたラーメン屋があることを知り、早速行ってみることに。

以前、ラーメンスクエア立川にありましたが、卒業後は立川北口にお店を構えているとか。

ちょっと駅から離れた場所にあるのですが、行ってみたらスープがとびっきりおいしくてびっくりしてしまったのです。

スポンサーリンク

「とと ホンテン」の場所は立川駅北口より徒歩10分の地

ととホンテン

JR立川北口にある「とと ホンテン」は、ビックカメラの通りをまっすぐ歩いていき、ローソンがある曙橋交差点を渡って右折します。

ドン・キホーテを過ぎて、立川通りと交差する大きな交差点がありますが、そこを渡ってさらに進んでいきます。

ととホンテン

ありました!こちらが「とと ホンテン」です。

ととホンテン

黄色いのれんがかわいらしくて印象的。お店の外に貼ってある限定ラーメンがどれもおいしそう!

「こんな道の先にラーメン屋さんなんてあるのかしら?」と心配になってしまいますが、約10分ほど歩いていった場所にありますので、頑張って歩いていきましょう。

スポンサーリンク

「とと ホンテン」でオーダーしたのがこちらのラーメン

ととホンテン

「とと ホンテン」の中に入ると、すぐ左側にタッチパネル式の食券機が置いてありました。これは他の店舗にはほとんど見られない斬新なスタイル!

ととホンテン

「とと ホンテン」はラーメンWalkerグランプリの全国総合ランキングベスト10に入賞しているほど大人気のお店です。

ととホンテン

ととホンテン

店内にはカウンター7席が壁際に設置してあり、1つ1つのイスが離れているため、1人でも食べやすいレイアウトになっています。

ととホンテン

4名テーブルが3席あり、2人で来店してもこちらのテーブルに案内してくださいます。

ととホンテン

中華そば、極細そば、辛みそらーめんの他に限定メニューなど豊富に取り揃っており、どれにしようか迷ってしまうほど。

ととホンテン

いろいろと悩んだ結果、今回は1番人気という「中華そば+スペシャルトッピング」にすることにしました。

こちらが1番人気「中華そば+スペシャルトッピング」だ!

ととホンテン

待つこと約7分、こちらが「とと ホンテン」の1番人気のメニューである「中華そば+スペシャルトッピング」です。

具はチャーシューが5枚、煮玉子、細切りメンマ、長ネギがのっています。

ととホンテン

黒いレンゲの底が見えるほど透き通っているスープは、化学調味料及び砂糖不使用の天然だしで作られた無添加スープ。煮干しのいい香りがふわっと漂ってきます。

まるで高級な和食の一番だしを飲んでいるかのようにおいしい!

ととホンテン

チャーシューは1枚1枚が分厚く、脂身が多くてトロトロしています。

ととホンテン

煮玉子はトロトロ過ぎず、やや硬めに茹でてあります。

ととホンテン

めんまが細切りで柔らかく、とても食べやすい食感です。

ととホンテン

麺は平打ちの縮れた太め。つるりとしていて、モッチリとした食感!透き通ったスープとよく絡み合ってとてもおいしい!

無添加のスープをゴクゴクと全部飲み干してしまったほど、最後までおいしかったです。

「とと ホンテン」は店内と接客対応が素晴らしかった

ととホンテン

「とと ホンテン」の場所が駅前からやや離れているため、ボロボロのお店で変な人が店員さんだったらどうしようかと、行く前から不安でいっぱいだったのです。

しかし、お店の外観も内観もとても清潔に保たれており、優しそうな女性の店員さんがテキパキと対応してくださったので、一気に不安がなくなっていきました。

さすが、ラーメンWalkerで数々の賞を受賞している名店だけあります。

ラーメンの提供時間や味、店内の過ごしやすさ、接客対応など、すべてに花丸をつけたいぐらい、満足することができました。

駅から離れていても、行く価値は十分にあるお店でした。

次に行ったときは、煮干し味が強めの限定ラーメンを食べに行きたいと思います。

お腹いっぱい!

ごちそうさまでした。

「とと ホンテン」の詳しい情報はこちら

立川中華そば とと ホンテン[食べログ]

立川駅チカおすすめ人気ラーメン10選はこちら

立川ラーメン

地元民が厳選!立川駅チカおすすめ人気ラーメン10選。ここに行けば間違いなくおいしい

スポンサーリンク

この記事を書いた人

多摩っぷ編集局

多摩地域の中でも特に立川エリアが大好き。地域のグルメやスイーツ、おでかけスポットやイベント情報、地域コラムなどを主に書いています。