立川で人気のケーキ屋カフェ「エミリーフローゲ 本店」でお得なランチを食べてきた

エミリーフローゲのデザート
スポンサーリンク

立川駅北口にある「エミリーフローゲ本店」をご存知でしょうか?

1980年にフランス菓子店として立川にオープンして以来、古くから立川の人々に愛され続けている老舗の洋菓子店です。

ケーキや洋菓子を販売しているほかに、カフェも併設しているとのことで、ランチに行ってくることにしました。

スポンサーリンク

「エミリーフローゲ本店」は地元立川の素材を活かした洋菓子が多数!

エミリーフローゲのエレベーター

お店の場所は、JR立川駅北口からペデストリアンデッキを伊勢丹方面に通過して直進していき、エスカレーターを下ったところにあります。

エミリーフローゲのお店

降りた正面にお店があります。全面ガラス張りで、とてもおしゃれな外観です。

「エミリーフローゲ本店」の場所はこちら↓

エミリーフローゲのメニュー

こちらは店外に置いてあるメニュー。ハーブティーやコーヒー、フロートやアルコール類までドリンクメニューが豊富にそろっていることがわかります。

エミリーフローゲの店内

エミリーフローゲのお菓子

お店に入ると、たくさんのケーキや洋菓子が並べられています。立川市公式キャラクター「くるりん」がいてかわいらしい!

エミリーフローゲのお菓子

地元立川の素材を生かしたマドレーヌ各種や立川観光協会推奨認定品の「Angeまどれーぬ」、「たちかわサブレ」とフィナンシェのセットはお土産としても大人気です。

エミリーフローゲのプリン

こちらは立川産の赤玉鶏卵を使用した「たちかわプリン」。キャラメル風味の濃厚な味わいです。

エミリーフローゲのデザート

素材にこだわり、素材そのものの味わいを大切にし、パティシエの方が一つ一つ丁寧に手作りしているのがよくわかります。

エミリーフローゲの机

お店の奥に進むと、カフェスペースたどり着きます。

エミリーフローゲの店内

店内はテーブルが36席、とても落ち着いた雰囲気です。平日のランチの時間帯だからでしょうか?女性の方が多かったです。

エミリーフローゲのテーブル

外はペット同伴も可で、喫煙可能なテラス席が。晴れて温かい日は最高のロケーションです。

エミリーフローゲのメニュー

季節ごとのおすすめスペシャルメニューや、立川周辺で採れた野菜をふんだんに使っているのがわかります。

エミリーフローゲのメニュー

こちらがランチメニュー。パスタやクラブハウスサンドにドリンクがついて920〜1,000円(税別)と、とてもリーズナブルな価格!

ミニサラダやケーキも250円(税別)でつけることができ、ケーキは洋菓子店のランチメニュー対象の中から好きなケーキを1つつけることができます。

スポンサーリンク

パスタはもちもちでクラブハウスはボリュームたっぷり!

エミリーフローゲのスパゲティ

こちらはもちもち生パスタランチの「ナスとキノコとモッツァレラチーズのボロネーゼ」です。ミニサラダをプラス!

ボリュームたっぷりでもちもちで濃厚コクうまソース。パンにボロネーゼをつけて食べるとまた違った楽しみ方ができます。

エミリーフローゲのバケット

クラブハウスサンドはボリュームたっぷり。パンはこんがり焼けており、挟んである野菜がシャキシャキでみずみずしい!

コーヒー

食後のコーヒーは1杯目を店員さんが注いでくださり、もう1杯飲めるほどポットにたっぷり残っていました。

エミリーフローゲのデザート

ちょうど時期的に「いちごフェア」を開催しており、今回はキレイなピンク色をした「いちごのティラミス」をオーダー。

甘酸っぱい新鮮ないちごと、ジュワッと柔らかいティラミス生地は相性抜群!

単品だと480円ですが、セットにすることで280円とお得にいただけるのがうれしいですね。

店内がとてもゆったりとしており、ランチから優雅なひとときを過ごすことができました。

平日のランチの時間帯でも、かなり混み合っておりますが、駅前ということもあり回転も早いです。

ちょっとした待ち合わせに使うのもよし!女子会で楽しむのもよし!

グルメもカフェメニューも充実しているのがうれしいですね。

立川の魅力がたくさん詰まったお店ですので、立川駅にお越しの際は「エミリーフローゲ本店」にぜひお立ち寄りくださいね。

「エミリーフローゲ本店」の詳しい情報はこちら

エミリーフローゲ本店[ホットペッパーグルメ]

スポンサーリンク

この記事を書いた人

多摩っぷ編集局

多摩地域の中でも特に立川エリアが大好き。地域のグルメやスイーツ、おでかけスポットやイベント情報、地域コラムなどを主に書いています。