奥多摩駅前観光トイレを実際に利用してみたらピカピカだった

奥多摩駅のトイレ

観光や登山で賑わう東京最西端の町「奥多摩町」。都心から約2時間と電車に乗る時間も長いことから、駅前のトイレ事情が気になる方も多いのではないでしょうか?

JR青梅線・奥多摩駅前広場にある「奥多摩駅前観光トイレ」は、2020年2月に工事を終えてリニューアル。とてもキレイなトイレに生まれ変わりました。

奥多摩駅前のトイレをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

奥多摩駅前観光トイレはこんな感じ

奥多摩駅のトイレ

奥多摩駅前観光トイレは、駅舎すぐとなりにあります。

ダークブラウンのウッドスタイルの壁で、奥多摩の山々に溶け込んでいます。

奥多摩駅内の洗い場

トイレの前には、登山する方に便利な「足洗い場」があり、ブラシやシャワーが完備されています。

奥多摩駅の誰でもトイレ

外側には車椅子や妊婦の方など、誰もが利用できるトイレ「だれでもトイレ」が2つも完備されています。

奥多摩駅内の誰でもトイレ

奥多摩駅構内のトイレ

だれでもトイレの中は、おむつ替え台はもちろん、収納着替え台まで設置されています。

男性トイレ

女性トイレ

男子トイレと女子トイレのマークに、奥多摩町のイメージキャラクター「わさぴー」が!

奥多摩駅のトイレ

今回は、女性記者が女子トイレの中に潜入調査!10個のトイレが完備されており、まるで高級ホテルのような作りをしています。

奥多摩駅内のトイレ

洗面台もお化粧直しする台もピカピカ!多くの観光客で賑わっていたにも関わらず、ゴミ1つ落ちていることなく台の上は光り輝いています。

奥多摩駅の多目的トイレ

ママにはうれしい、ベビーチェアが完備!

奥多摩駅のトイレ

肝心のトイレの中もピッカピカ!

大自然の中ですから、和式トイレかな..と思い込んでいましたが、実際は洋式で最新のウォシュレットが完備しています。

奥多摩駅内のトイレ

中はとても広く、快適に使うことができるほどのスペースが空いていました。

スポンサーリンク

なぜこんなにもキレイなのか?

OPTのメンバー

なぜこんなにトイレがキレイなのかというと、奥多摩町の中には、トイレのクリーンキーパー「OPT(オピト)」という専門の清掃員がいるからです。

偶然お会いしましたが、とてもユーモラスな方々!(しかし、掃除姿勢はとてもまじめ)

奥多摩駅の掃除当番表

トイレの前に貼られている「トイレ掃除業務表」を見ると、毎日清掃されていることがわかります。

駅前のトイレだけではなく、奥多摩町の小河内地区を中心に、町の公衆トイレは常にピカピカに保たれているのです。

公衆トイレで、ここまでキレイに掃除されているのを見たのは、初めてかもしれません。

奥多摩駅

トイレは人の心を映す鏡。

ピカピカに磨かれたトイレを見て、「観光地をキレイに保ちたい!」という、クリーンキーパーの方たちの熱い思いが伝わってきました。

使う側も、ゴミを置いていくことがないように心がけたいものです、

奥多摩駅に降り立ったときには、ぜひ利用されてみてくださいね。

スポンサーリンク