昭和記念公園の「ケイトウ」が見頃を迎えたので行ってきた。色とりどりの炎が見られる


立川市にある「国営昭和記念公園」では、四季を通じて色とりどりの花が咲き誇ります。

7月下旬には、丘一面に黄色く輝くひまわり畑を見てきて、元気いっぱいもらってきました。

昭和記念公園のひまわり畑を見てきた。見頃を迎えた黄色い花がいっぱい広がっていた

8月の終わりに、今度は「ケイトウ」が見頃を迎えているというので、早速行ってみることにしました。



「ケイトウ」が見頃を迎えている場所はもみじ橋付近!

ケイトウの場所

「ケイトウ」が見られる場所は、レインボープールやバーベキューガーデンに近いもみじ橋付近です。

立川口から歩いていくと30分以上は覚悟が必要です。有料のパークトレインに乗っていくか、西立川口から歩いていくと約12分ほどで着く距離です。

 

もみじ橋

レインボープールを過ぎてもみじ橋付近にたどり着くと、あともう少しで見えてきます。楽しみですね。


こちらが色とりどりの炎のように燃える「ケイトウ」だ!

ケイトウの丘

「ケイトウ」が咲いている丘の上にやってきました。多くの方が写真撮影を楽しんでいます。

 

ケイトウの丘

約2万株の「ケイトウ」が、丘一面に咲き誇っています!

 

ケイトウの花

ニワトリのトサカに似ていることから「鶏頭(ケイトウ)」と呼ばれ、花房の先端が平たく帯状や扇状に大きく広がり、これがよく目立つのが大きな特徴の花です。

 

ケイトウの丘

間に道があり、この間を通れるようになっています。

 

ケイトウの丘

もみじ橋から歩いてきて、1番奥側に行くと、ちょうどSNS映えスポットが!ここが1番多くの花が撮れるスポットです。

 

ケイトウの丘

下側に行くと、大きな木とのコラボ写真が撮れます。

 

ケイトウの花

近くで見ると、こんなにも美しい炎のように鮮やかな「ケイトウ」が撮れます。

 

すすき

近くにすすきもあり、秋がすぐそこまで訪れているのを感じてきました。

今がちょうど見頃!炎のように鮮やかな花たちを見に行こう

ケイトウの花

外気温35度と、残暑が厳しい中で行ってきましたので、Tシャツがびしょ濡れになるほど暑かったです。

炎のように燃えさかる「ケイトウ」を見て、さらに暑かったです(泣)でも、心の中までさらに熱くなってしまいました。

暑さがもう少し和らげば、ゆっくり落ち着いて楽しめることでしょう。

昭和記念公園の管理センターに見頃の問い合わせをしてみたところ、8月下旬〜10月上旬ということでした。

少しずつ秋の訪れを感じに、「昭和記念公園」にぜひおでかけしてみてくださいね。

昭和記念公園の「ケイトウ」の詳しい情報はこちら

  • 住所:東京都立川市緑町3173
  • 見頃時期:2018年8月下旬~10月上旬
  • 本数:約2万本
  • 入園料:大人450円/中学生以下無料
  • 昭和記念公園の公式ホームページはこちら
  • 昭和記念公園のおすすめ売店はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。