TOHOシネマズ立川立飛、9月10日(木)オープン!TOHOシネマズ初のドリンクバー&IMAXデジタルシアター導入

TOHOシネマズ立川立飛

映画の街「立川」に、新しい映画館がやってきます!

TOHOシネマズ株式会社は、多摩モノレール立飛駅 直結「ららぽーと立川立飛」近接地に、「TOHOシネマズ 立川立飛」を9月10日(木)にグランドオープンします。

「立川シネマシティ」、「kino cincéma(キノシネマ) 立川高島屋S.C.館」に続き、立川の地に映画館がまた一つ増えることになります。

一体どんな映画館ができるのか、気になりますよね。

実は、立川エリアで”初”のシステムが導入されるのです!

スポンサーリンク

「TOHOシネマズ 立川立飛」の場所

TOHOシネマズ立川立飛

「TOHOシネマズ 立川立飛」は、JR中央線「立川」駅から多摩モノレールで2駅「立飛」駅の「三井ショッピングパークららぽーと立川立飛」の近接地に建設されています。

TOHOシネマズ立川立飛

フットボールパーク施設「MIFA Football Park 立川」のすぐ隣にある、クリーム色の建物が映画館になります。

スポンサーリンク

プレミアボックスシートでゆったり鑑賞できる

映画館のスクリーン参照:TOHO CINEMAS

「TOHOシネマズ 立川立飛」は、9スクリーン 1,605席の映画館。TOHOシネマズ独自規格のスクリーン「TCX」は、迫力あふれるシーンがたっぷりと楽しめちゃう巨大スクリーン!

まるでコンサートホールの中にいるかのような、プレミアムなサウンドが楽しめるシアターとなっています。

ボックスで仕切られた「プレミアボックスシート」があるため、セミプライベートな空間の中でゆったりと映画を楽しむことができます。

立川エリアで初!IMAXデジタルシアターを導入

「TOHOシネマズ立川立飛」では、立川エリアでは初となる「イマーシブ・サウンド・システム」対応のIMAXデジタルシアターを導入する予定です。

いまーしぶ・さうんど・しすてむ?

何とも聞き慣れない言葉ですが、わかりやすく言うと、イマーシブサウンドとは3次元(立体)音響のこと。

従来のIMAX6.1chシステムに、左右両サイドと天井にチャンネルが加えられ、12.1chの音響システムに。映画の臨場感をより楽しむことができます。

左右・前後に加えて高さまで表現できちゃうところが「イマーシブサウンド」のスゴいところ!

館内の全方向から臨場感あふれる音響が楽しめちゃうのです。

空気を震わせる体感型サウンド・シアターを実現

TOHOシネマズ池袋に導入し、好評を博している“音の体感・迫力あるサウンド”を意識した、アイソバリック方式を採用したサブウーハーを使用。

アイソバリック方式では、スピーカーユニットを向かい合わせで駆動させることで、通常のサブウーハーの1.5~2倍のパワーを発揮することができます。

空気を震わせる体感型サウンド・シアターは、TOHOシネマズでしか体感できません。

TOHOシネマズ初の“ドリンクバー”を導入

アメリカの飲食ディスペンサーメーカー「LANCER CORPORATION」による、従来の大きさの1.5~2倍となる日本初の大型ドリンクバーが飲食売店に導入されます。

ドリンクバーは、TOHOシネマズでは初導入!

どんな種類があるのか、どれぐらいの大きさなのか、とても気になります。

あと、ポップコーンとかチュロスとかあるのでしょうか..?

新型コロナウイルス感染拡大防止策を取った上でオープン予定

立川駅

映画館のオープンはとても楽しみですが、密閉空間であるため、新型コロナウイルスの感染が心配になりますよね。

「TOHOシネマズ立川立飛」では、安心して映画を楽しめるよう、新型コロナウイルス感染拡大防止策をきちんと取った上でオープンする予定です。

  • リアルタイムで測定できる「検温システム」を入館時に導入
  • 館内で感染症が起きないよう、定期的に空気を入れ替える
  • 前後左右、1席ずつ空けてソーシャルディスタンスを確保
  • チケット購入や飲食売店などの列は一定の間隔をあけて、並ぶ目安となる目印を導入

感染予防措置の詳細については、以下をご参照ください。
新型コロナウイルス感染予防の対応について

立川駅前にある「立川シネマシティ」でも、同様の感染防止策を取っていました。鑑賞する側のマナーとして、マスクの着用を忘れないように心がけたいですね。

立川シネマシティに映画を見に行き、新型コロナウイルス感染防止策が取られているか確認してきた

映画の街「立川」が、映像に音にさらに盛り上がること間違いなし!

「TOHOシネマズ立川立飛」のオープンを心待ちにしましょう。

スポンサーリンク