昭和記念公園のチューリップガーデン2020がオープン!見頃の時期はいつごろ?

チューリップ

昭和記念公園では、毎年色とりどりのチューリップが咲き誇る「チューリップガーデン」が2020年3月20日(金)にオープンしました。

今年は、東京としては統計開始以来、最も早い記録で桜が開花。立川周辺では、3月下旬でも20度を超える気温が続き、桜の開花だよりもちらほら聞こえ始めています。

3月21日(土)、オープンしたばかりのチューリップガーデンに早速行ってみることにしました。

スポンサーリンク

昭和記念公園「チューリップガーデン」の場所

パークトレイン

昭和記念公園「チューリップガーデン」の場所は、JR中央線・立川駅から1番近い「あけぼの口」から歩いて約30分ほどかかります。

立川ゲート付近でパークトレインが走っていますので、渓流広場レストラン付近まで乗っていくのが便利でしょう。

チューリップガーデンの案内看板

もしくは、JR青梅線・西立川駅直結「西立川口」からは、徒歩約15分ぐらいで到着します。

この看板がチューリップガーデンの目印ですよ!

スポンサーリンク

3月21日現在、チューリップガーデンの開花状況

渓流広場付近

2020年3月21日(土)現在、チューリップガーデンの開花状況がこちら。あれ、まだ全然咲いていませんね..。

ムスカリ

チューリップ

入り口付近は紫色のムスカリのほか、ラップトップという濃いピンク色のチューリップが咲いていました。

渓流広場のウッドチップ

チューリップは咲いていませんが、広大なグリーンの芝生の中に広がる柔らかいウッドチップロードがとても心地よい!

桜が咲いたらとてもキレイなんだろうなぁ。

渓流広場の水辺

池周辺もまだまだですね。

チューリップ

全体はまだまだですが、ところどころで咲いています。

こちらは「フレア」というイエローとレッドのチューリップ。

チューリップ

鮮やかな赤紫の「アビニョン」というチューリップも咲いていました。

チューリップガーデン

咲いていたら、ここからの眺めは絶景です。

ちなみに、去年の4月21日に撮影したチューリップガーデンはというと、

チューリップガーデン

ビューティフル!!

3月末ぐらいから徐々に咲いていき、今年は4月上旬〜中旬ぐらいがもっとも見頃を迎えることでしょう。

国営昭和記念公園のチューリップガーデン2019。色とりどりのカーペットにうっとり

チューリップ

暖かい休日、多く人がカメラを向けて楽しんでおりました。

チューリップガーデンは散策しているだけでも、心が癒やされてきます。

満開時期は人で溢れ返ってしまい、なかなかゆっくり見られませんので、今のうちがチャンス!ぜひ見に行かれてみてくださいね。

満開時期になったら、また行ってみたいと思います!

昭和記念公園の詳しい情報はこちら

  • 名称:国営昭和記念公園
  • 所在地:東京都立川市緑町3173
  • 電話: 042-528-1751(公園管理センター)
  • アクセス:JR中央線 立川駅から徒歩10分、多摩モノレール 立川北駅から徒歩8分
  • 駐車場:立川口駐車場 収容台数1755台
  • 「国営昭和記念公園」公式ホームページ

 

スポンサーリンク

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn