昭和記念公園花火大会2019は「ららぽーと立川立飛」優待観覧エリアで楽しもう

ららぽーと立川立飛のチラシ

2018年は台風の影響で晩秋の開催となった「昭和記念公園花火大会」ですが、2019年の今年は7月27日(土)19〜20時と、通常の夏開催です。

昨年度は一度中止になったためか、多摩モノレール立飛駅直結「ららぽーと立川立飛」で毎年行っていた優待観覧席プランが残念ながらなくなってしまいました。

しかし、今年はあります!

優待観覧エリアでドカーン!と打ち上がる花火を見る方法をご紹介したいと思います。



昭和記念公園の花火を「ららぽーと立川立飛」の優待観覧エリアで見る方法

ららぽーと立川立飛の看板

「ららぽーと立川立飛」では、花火大会当日に屋上を優待観覧エリアとして開放します。

このエリアで見るためには、以下の条件が必要です。

7 月1日(月)〜26日(金)の期間中、ららぽーと立川立飛で5,000円(税込・レシート2枚まで合算可)以上買い物することです。

レシートを花火大会当日に、優待観覧エリアへ直接持っていくことで、先着2,000名に優待観覧エリア入場券がもらえます。

対象期間中に買い物をした場合、レシートは捨てずに保管しておきましょう!

花火大会当日である7月27日(土)の買い物分は対象外ですので、ご注意ください。


優待観覧エリアの場所は「P3立体駐車場」の屋上

ららぽーと立川立飛の屋上

花火が見られる場所は「P3立体駐車場」の屋上です。館内3階よりエレベーターを使って上がることができます。

ららぽーと立川立飛の屋上

こちらの方角から花火が見られます。晴れていれば、目の前で見られること間違いなしのスポット!

花火大会優待エリア

ちなみにこちらは一昨年の様子ですが、お昼前には引換券は終了している状態でした。

花火大会優待エリア

レジャーシートさえ持参して行けば、後はショッピングもできますし、食べ物屋さんやトイレも完備しています。ららぽーと立川立飛は、快適過ぎる絶好の穴場スポットですよね。

2018年度のように中止や延期になった場合は、屋上の開放はなくなるとのこと。翌日の開放もないそうです。

開場は7月27日(土)10時00分からです。

先着順ですから、花火をららぽーとの屋上で見たい方は早起き必須かもしれません。

ららぽーとのバーゲン

ららぽーとでは、現在バーゲンを実施していますので、今が買い物するチャンス!あ、買い物対象期間は7月1日(月)からですからお間違いなく〜!

ららぽーと立川立飛の屋上で、今年も大輪の花が見られるといいですね。

国営昭和記念公園の花火大会の詳しい情報はこちら

  • 開催日時:2019年7月29日(土) 19時00分 ~ 20時00分(雨天決行 荒天の場合中止)
  • 特別協賛者観覧チケット:2019年6月8日(土)午前10時より販売開始予定
  • 開催場所:国営昭和記念公園 みんなの原っぱ
  • 入園料:大人(15歳以上)450円、小人(6歳以上15歳未満)無料
  • アクセス:JR中央線 立川駅下車 徒歩15分
  • 国営昭和記念公園花火大会の公式サイトはこちら
  • 国営昭和記念公園の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。