第61回立川まつり国営昭和記念公園花火大会は台風接近のため順延!2年連続中止もありかも?!


令和元年7月27日(土)、最初の夏の風物詩「立川まつり 国営昭和記念公園 花火大会」の開催まであと1日!去年は台風で夏開始が中止になってしまったからこそ、今年こそは、天候が味方についてくれると信じていました。

第60回立川まつり国営昭和記念公園花火大会はなんと台風接近のため中止!順延もなし!

10日前の天気予報が「雨」予報と出ていましたが、

すぐに晴れ予報に変わったりと天候に一喜一憂しながらも、ずっと心待ちにしておりました。

しかし、地球の天候はとても変わりやすいです。

台風

参照:日本気象協会

なぜか、台風6号「ナーリー」が関東地方に大接近!中心気圧1000hPa、中心付近の最大風速18m/s、最大瞬間風速25m/s。

しかも、台風6号は今後北上し、27日~28日に本州に接近、上陸の恐れがあるというではないですか!

オーマイ、ナーリー!

花火大会は打ち上げ現場において、風速が継続して秒速7メートル以上の場合は荒天とされます。昭和記念公園の花火大会開催条件も、公式サイトに以下の通り明記されています。

小雨決行 荒天の場合、翌日順延
※打ち上げ現場において風速が継続して秒速7メートル以上の場合は荒天と定義され、打ち上げ中止となります。(東京都多摩環境事務所管理課火薬電気担当)
※天候等により、翌日に順延できない場合があります。

 

ナーリーさんは、中心付近が秒速18メートルですから、荒天と定義されます。打ち上げ中止になるのもやむを得ません。

せめて、昭和記念公園付近には台風が来ませんようにと願っていましたが、恐れていたことが起きました。

花火大会の前日午前10時、昭和記念公園花火大会の公式Twitterから、悲しいお知らせがありました。

それは、

27日(土)に予定されておりました第61回立川まつり国営昭和記念公園花火大会につきましては、27日の開催は荒天による中止が決定いたしました。翌日の順延開催については気象情報等を勘案し28日午前7時に発表致します。何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

 

27日の開催は荒天による中止が決定!!

うぁ〜、なんということでしょう。願い届かず・・。

台風中止

公式サイトにも、大きく中止の連絡が表示されていました。

しかし、去年は2日前に即中止の決定でしたが、今年は翌日の28日に順延の可能性があるということです。

まだ、夏開催に希望があるということです。

28日(日)午前7時以降に発表されるということなので、ただ待つしかありません。

天気

28日は、今のところ、花火大会の時刻である19時~20時の予報は「くもり」です。ただ、前日の準備があるでしょうし、風速がどれぐらいかにより「中止」になる可能性も否めません。

最悪の場合、

2年連続中止になる可能性もあります。

もう、神様、仏様、いや、

天気の子の看板

天気の子!!

今から、陽菜ちゃんにお願いするしかない!

ネタバレなし!『天気の子』を立川シネマシティの極音で観てきた感想。観て思った良い点と悪い点

天気の子のグッズ

今日はみんなでてるてる坊主を作りましょう。

28日、無事に開催されることを強く祈っております。



昭和記念公園の花火大会は28日に順延開催が決定しました!

昭和記念公園花火大会2019は7月28日(日)に順延決定!再び夏の夜空に大輪が咲く

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。