奥多摩の天空カフェ『Cafe Indigo Blue』はインスタ映え必至の絶景が望めるスポット

奥多摩湖の絶景

東京の西のはてにある、奥多摩湖。インスタ映えするフォトジェニックな絶景が楽しめることで、多くの観光客が訪れる観光スポットです。

奥多摩湖のすぐ近くにある「奥多摩 水と緑のふれあい館」には、奥多摩のご当地カレー「小河内ダムカレー」があるなど、ダムマニアにもうれしいスポットです。

奥多摩湖畔にある「小河内ダムカレー」を食べてきた。山と湖を見ながら食事が楽しめる

35度を超える真夏の日に、再び奥多摩湖を訪れたのですが、すっかり汗だくに。

すぐ近くに奥多摩湖を見渡せる絶景のカフェ「Cafe Indigo Blue(カフェ インディゴブルー)」があることを知り、早速行ってみることにしました。



奥多摩の絶景カフェ「カフェ インディゴブルー」までの行き方

奥多摩の道路

奥多摩の絶景カフェ「カフェ インディゴブルー」は、現在駐車禁止であるため、徒歩かバスで向かうのがおすすめ。車の場合、水根バス停横の水根駐車場がもっとも近いです。

「本当にこんなところにカフェなんてあるの?」と疑いつつ、鮮やかなグリーンの景色を楽しみながら歩いていきます。

インディコブルーのお店

汗だくになりながら、水根駐車場から歩くこと約25分。

ようやく到着しました。

ソフトクリームと看板

かわいいソフトクリームのオブジェに、子猫の看板を発見!

カミナリ雲が遠くのほうでゴロゴロ鳴っている中、どんどん進んでいきますと、

奥多摩湖の絶景

美しい小河内ダムが見渡せるじゃないですか!

一瞬だけ時が止まったように感じる空間。ただ風と空の音だけが聞こえる、天空のカフェとも言える絶景のスポットに到着したのです。


カフェの店内は涼しくて心地よい空間

お店の駐車場だったところ

こちらの階段を登っていくと、お店が見えてきます。

インディコブルーの中

ようやくお店の前に到着しました!

落ち着き溢れる古民家の前に、青い文字で店名が大きく書かれた暖簾が、ひときわ目を引きます。

お店の中

畳の上にテーブルがいくつか置いてあり、田舎のおばあちゃんちに遊びに来た感覚です。

インディコブルーの店内

こんにちは!こちらは、店長の福田さんです。

こちらの古民家は、2018年3月まで「青目立不動尊休み処」という名前でお蕎麦屋さんとして営業していましたが、惜しくも閉店。2018年4月に「カフェ インディゴブルー」に生まれ変わったそうです。

お店のテーブル

和風かと思いきや、奥の方には洋風のテーブルもあり、独特の雰囲気を醸し出しています。

洗面所

トイレは最新式で、洗面所もこんなにオシャレ!

お店の中

お店の中には囲炉裏もあり、バッグやハンカチなど、多くのお土産が展示されていました。

奥多摩湖の眺め

今回は、絶景が見える縁側の席に座ることに。扇風機が何台も置かれていますが、天然のひんやりとした空気が冷たく、とても涼しくて心地よい!

お店のメニュー

こちらがカフェのメニューです。この他にもジェラートなどのスイーツメニューがあります。

インディゴブルーのこだわりのポイントは地産地消。奥多摩カレーやわさび冷やしうどんなど、奥多摩の素材を生かしたメニューが揃っています。

今回は甘いものが食べたくなり、スイーツをオーダーすることにしました。

こちらがオーダーしたスイーツの数々!

抹茶ソフト

今回は、スペシャル抹茶ソフト(白玉、黒あん入り)をオーダー。器がどれもおもむきがあり、見た目が涼やかでおいしそう!

抹茶ソフト

もちもちの白玉についているパフがサクサクで、ほのかに甘いあんこと相性抜群です。

スイーツ

マンゴーのジェラート

アイスコーヒー

他にも、いちごやマンゴーのジェラート、アイスコーヒーもいただき、体中がリフレッシュ!心身ともに終始リラックスすることができました。

都会のカフェではなかなか体験できない癒やしのスポット

奥多摩湖の眺め

都会の中で暮らしていると、煩雑なルールで溢れかえっています。都会のカフェも人の出入りが激しく、無機質な空間と人間関係で芯からゆったりできないことが多いです。

しかし、インディゴブルーに来たら、何時間でもボーッと過ごせる空間が広がっています。

きっと、お店を出る頃にはすっかり心の底から満面の笑顔に変わっているはずです。

しかも、都心から2時間でたどり着きます。

これだけ美しい奥多摩湖を一望できる場所はそうそうありません。

都会のカフェではなかなか体験できない、大自然を思いっきり感じられる癒やしのスポットと言えるでしょう。

「奥多摩むかし道」という散策路もありますので、ウォーキングも一緒に楽しめちゃいます。

混雑しちゃうとイヤだから、あまり人に教えたくないなぁと思いつつ、やっぱり素敵だからこそ教えたい!そう思えた穴場スポットでした。

奥多摩に行こうかなと思われている方は、ぜひインディゴブルーも回る計画に入れてみてください。

時間を気にせず、ゆったりと絶景を眺めているだけで、明日から何かが変わっているはずですよ。

「Cafe Indigo Blue(カフェ インディゴブルー)」の詳しい情報はこちら

  • 住所:東京都西多摩郡奥多摩町境1139
  • 電話:0428-85-9522(予約可能)
  • 『水根』バス停より徒歩20分
  • 営業時間:10:00~16:00
  • 定休日:月曜日・火曜日(祝日の場合は営業)
  • 食べログ[カフェ インディゴブルー]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。