1個たったの95円!立川高島屋S.C.「御座候(ござそうろう)」は安くておいしくておやつにぴったり

立川高島屋S.C.の御座候

立川駅周辺には「高島屋」や「伊勢丹」など、全国的にも有名な大型百貨店が多数あります。

百貨店は高級な商品を扱っているというイメージが強く、なかなか近づきがたいという印象があるかもしれません。

ところが1個たったの95円という、安くてほんのり甘い、とびっきりおいしいおやつを発見。今ではそのスイーツがおやつの定番品に欠かせないほど、虜になっているのです。



安くてほんのり甘いスイーツ「御座候」がある場所

立川高島屋S.C.

安くてほんのり甘いおやつがある場所は、JR立川駅から徒歩3分の地にある「立川高島屋S.C.」地下1階です。

立川高島屋S.C.の御座候の場所

エスカレーターを降りていくと、「御座候(ござそうろう)」というお店が目の前に見えてきます。

御座候のお店

兵庫県姫路に本社と工場がある「御座候」。姫路市周辺に住む人たちは今川焼きを「御座候(ござそうろう)」と呼ぶそう。

姫路の地元では「御座候の回転焼き」として親しまれていましたが、いつしか回転焼きの部分がとれ、単に御座候と呼ばれるようになったそうです。

会社名と商品名が同じなのですね。

立川高島屋S.C.の御座候

大きなガラス窓の前で実演販売しており、丸い型の中で焼かれている姿はまるで今川焼きのよう。たっぷりのあんこが1個1個に乗せられています。


販売している種類は「赤あん」と「白あん」の2種類

立川高島屋S.C.の御座候の包み紙

持ち帰りの場合、高島屋の包み紙で包んでもらいます。とてもリッチな気分!

立川高島屋S.C.の御座候

包み紙を開けると、まんまるのお月さまのような形の御座候が。見ているだけで幸せな気持ちに!

御座候の赤あんと白あん

御座候は「赤あん」と「白あん」の2種類。あんがぎっしりと包まれています。

立川高島屋S.C.の御座候

赤あんは、北海道十勝産あずきの風味がしっかりと感じられ、ほんのり甘くて優しい味。甘すぎると1個食べ終わる頃に「もういいや」となりますが、これはもう1個食べたくなるほどのおいしさ!

立川高島屋S.C.の御座候の白あん

白あんは見た目が上品で美しく、しっとりとすべらかな食感で香りもすばらしい。粒感はありませんが、上品な甘さが皮の甘さを邪魔しません。

御座候を切ったところ

手作りでアツアツでおいしすぎて、1個95円ですよ?

100円玉をギューッと握りしめて、たいやき屋さんに買いに行けちゃうような手軽さが、私の「胃袋のツボ」にハマっております。

冷めていたらトースターで2〜3分温めて食べると、皮がパリッパリになりますよ。

東京は東武池袋店、玉川高島屋店、新宿高島屋店と併せて4店舗のみ。立川高島屋S.C.は多摩地域で唯一買える場所ですので、ぜひお気軽に立ち寄られてみてくださいね。

「御座候 立川高島屋S.C.店」の詳しい情報はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。