日の出町「つるつる温泉」へのバスでの行き方。絶景の山々を眺めながら食事を楽しめる日帰り温泉

つるつる温泉の東京黒毛和牛のつるつる朴葉焼きを焼いているところ

秋川渓谷の玄関口、東京都・日の出町。都心から向かうと、高層ビル街から山々が広がる景色に移り変わり、都内とは思えない絶景が広がる街です。

都心の喧騒から少し離れて、ゆっくりのんびりしたいあなたにおすすめなのが、日の出町にある天然日帰り温泉「生涯青春の湯 つるつる温泉」です。

紅葉の見頃シーズンより少し早めの11月上旬、つるつる温泉に行って参りましたので、バスでの行き方や館内の様子、おすすめのグルメをご紹介したいと思います。



「つるつる温泉」へのバスでの行き方

武蔵五日市駅の外観

つるつる温泉の最寄り駅は、JR五日市線「武蔵五日市駅」です。拝島駅での乗り継ぎが良ければ、新宿駅から特別快速で約1時間で到着します。

武蔵五日市駅3番のりば

駅前ロータリー内にバス停があり、つるつる温泉行きのバス停は「3番のりば」です。

つるつる温泉への時刻表

こちらがつるつる温泉行きの時刻表です。黄色い西東京バスの他に、1時間に1〜2本機関車バス「青春号」が運行しています。

本数がとても少ないですので、計画的に向かうようにしましょう。

武蔵五日市駅のカフェ

駅前には、テラス席で食事ができるおしゃれなカフェ「 blan.co(ブランコ)」もありますので、バスの待ち時間におすすめですよ。

武蔵五日市駅の機関車バス

機関車バスを待つこと20分。機関車トーマスのようにかわいらしい青色のバスが到着しました。

武蔵五日市駅の機関車バスの車内

レトロな車内には運転手さんの他に、女性の乗務員さんが乗車しています。

バスの運賃は以下の通り。

区分 現金 IC
大人 410円 409円
小児 210円 205円

ICはPASUMO、Suicaなどに対応しており、ICカードで支払いの場合は、乗り降りするときに読取り機にタッチします。

バスはお釣りのでない両替方式です。現金の場合、両替した上で運賃箱に入れるようにしましょう。

つるつる温泉の前

途中いくつかの停留所に止まり、バスに揺られること約20分。つるつる温泉に到着しました。

つるつる温泉の外観

独特な屋根の建物が、大自然の中に隠れているかのように佇んでいます。

つるつる温泉の機関車バス

バスは温泉の入り口前に到着しますので、すぐ中に入ることができます。

つるつる温泉のバス停の時刻表

行きと同じく帰りのバスの運行本数も少ないです。館内に入る前に帰りのバスの時刻も確認してから行くことをおすすめします。


「つるつる温泉」の施設内はこんな感じ

つるつる温泉のロビー

つるつる温泉に入ると、目の前にロビーが広がっています。

つるつる温泉のロッカー

フロントに行く前に、靴をロッカーに預けましょう。ロッカーは無料で、鍵をフロントに預ける方式です。

つるつる温泉のリュック置き場

登山に行かれた方のために、荷物置き場があります。貴重品に気をつけてくださいね。

つるつる温泉の売店

入り口左側には売店や休憩室、パノラマ食堂、個室があります。

つるつる温泉のフロント

フロントで入館料を支払います。料金は以下の通り。

区分 料金(3時間)
大人(中学生以上) 860円
小学生 430円
未就学児 無料

3時間を過ぎますと、1時間ごとに220円の超過料金が発生します(大人のみ)。

バスタオルなどを持って来なくても、フェイスタオル(200円)、バスタオル(530円)、アメニティセット(380円)などフロントで販売しています。

つるつる温泉のらせん階段

温泉は2Fにあり、らせん階段を上がって行きます。

つつるつる温泉から見える風景

2Fには休憩コーナーがあり、窓から見える眺めがとても気持ちがいいです。

つるつる温泉のスパ

つるつる温泉の休憩室

スパサロンやリラックスルームがあり、心身ともに休める設備が整っています。

つるつる温泉は「美人の湯」と「生涯青春の湯」の2種類

つるつる温泉の女湯と男湯の標識

つるつる温泉は「美人の湯」と「生涯青春の湯」の2種類。「美人の湯」は和風風呂で、露天の岩風呂があり、「生涯青春の湯」は洋風風呂で、露天ひのき風呂があります。

つるつる温泉の男湯

つるつる温泉の女湯

2つの温泉は、奇数と偶数日で男女交代制。温泉は大浴場、ひのき風呂、露天風呂、サウナがあります。

アメニティはリンスインシャンプー・ボディソープの2つとシンプル。気になる方は、自分のお気に入りのアメニティを持っていったほうがいいかもしれません。

つるつる温泉の看板

泉質はアルカリ性単純温泉、無色透明のお湯で神経痛や筋肉痛などに効くだけでなく、お肌がすべすべつるつるに。温泉名の通り、お肌がつるつるになる温泉なのです。

露天風呂からは広大な山々の景色が堪能でき、自然のオアシスを感じながらじっくり静養できる造りになっています。

温泉にゆっくり浸かったら全身ポカポカに。お楽しみの食事に向かうとしましょう。

山々の絶景が楽しめる「パノラマ食堂」

つるつる温泉のパノラマ食堂

館内の食事は、1Fの「パノラマ食堂」がおすすめです。

つるつる温泉の大広間

108畳の大広間では、畳の上でゆっくりとくつろぐことができます。

つるつる温泉のパノラマ食堂

中央部分に360度丸いテーブル、大きな窓の下にゆったりと座れるテーブル席があり、テーブル席の大きな窓からは広大な山々の絶景が楽しめます。

つるつる温泉のメニュー

食事のメニューがこちら。カレー・丼もの・釜飯・天ぷら・地元産の牛乳を使った絶品ソフトクリームなど、メニューが豊富に揃っています。

つるつる温泉のメニュー

料理のほかに、ソフトドリンクや日本酒、ビールなどのドリンクメニューも充実しています。

つるつる温泉の多摩の地ビール

石川酒造の多摩の地ビール「明治復刻地ビール」をいただきました。コクとキレが抜群で、奥深い香りがします。

つるつる温泉の東京黒毛和牛のつるつる朴葉焼き

定食メニューも豊富で、今回は館内おすすめ「東京黒毛和牛のつるつる朴葉(ほおば)焼き」をいただきました。

黒毛和牛は、あきる野市の竹内牧場にて丹念に育てあげた東京都産の高級和牛「秋川牛」。茶碗蒸し・いんげんのごま和え・レンコン炒め・お刺身ゆばなど小鉢が充実!

つるつる温泉の東京黒毛和牛のつるつる朴葉焼きが焼けているところ

秋川牛は、ややレア目に焼くのがおすすめ。朴葉と味噌の香ばしい香りが漂ってきます。

つるつる温泉の東京黒毛和牛のつるつる朴葉焼きを持っているところ

うん、甘い!柔らか〜い!

ほどよい脂と甘みがあり、口の中で一瞬で溶けてしまうほど、とても柔らかいです。あきる野市で育てられた牛肉がこんなにもおいしいのかと驚きでいっぱいでした。

都会の喧騒を離れて疲れを癒やしに「つるつる温泉」へ

つるつる温泉から見える風景

駅から歩いて行ける距離にありませんが、駅から山々の景色が楽しめるバス便が出ているため、都内からでもアクセスしやすく、アメニティの販売もあるため手ぶらで行くことも可能です。

「あ、温泉に行こう。」と思い立ったときに、都心から約1時間で気軽に行ける点がポイントです。

毎日のように都心の高層ビルを眺めて疲れてしまったときに、反対側に向かう電車にぜひ乗ってみてください。

同じ都内なのに、こんなにも景色や空気が違うのかと驚きの発見があるはずです。

大自然に囲まれていたら、いつの間にか疲れが吹っ飛んでいくから不思議ですよね。肌もつるつるになれて、また来週から頑張ろうって思えてきます。

周辺には日の出山に登れるコースがあり、下りが中心のコースのため、登山初心者にも安心。登山に行った後に温泉に浸かって疲れを癒やすハイキング〜温泉コースもおすすめです。

「最近疲れたな〜」「大自然の中でゆったりしたいな」と思ったら、日の出町にある「つるつる温泉」にぜひ足を運ばれてみてくださいね。

東京・日の出町「生涯青春の湯 つるつる温泉」の詳しい情報はこちら

つるつる温泉の外の看板

  • 住所:東京都西多摩郡日の出町大久野4718
  • 電話:042-597-1126
  • 車でのアクセス:[車]中央自動車道または圏央道から八王子I.C.から五日市街道経由約40分、圏央道日の出I.C.から約20分
  • 営業時間:10:00〜20:00(最終受付19:00まで)
  • 食堂営業時間:11:00〜19:00(ラストオーダー)
  • 休館日:第3火曜日
  • 入館料:大人(中学生以上)860円(3時間)、小学生430円、未就学児無料
  • 個室:一室(10畳間・6人店員)につき1時間1,080円
  • 駐車場:130台
  • 授乳室:あり
  • 生涯青春の湯「つるつる温泉」公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。