あきる野産のツヤツヤの柿で作る「柿パイ」レシピ。アップルパイに負けないおいしさ

焼けた柿パイ

秋になると、スーパーの果物コーナーで山積みになる「柿」。ほんのり甘くてビタミンCが豊富な旬の味覚です。

東京都の多摩地域西側に位置するあきる野市は、とうもろこしや栗、梨などが名産品。先日は、あきる野の実家から送られてきた採れたての栗で「渋川煮」を作ってみました。

【あきる野市の特産品】旬の栗で渋皮煮づくり。極上でツヤツヤの宝石の粒が完成!

自然の恵みが豊富な街から、今度はつやつやの柿が送られてきました。ありがとうございます。

皮をむいて食べるのもおいしいですが、今回はひと工夫して柿パイを作ってみることに。

初めて作ってみましたが、とても簡単に作れましたので、作り方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

あきる野産の柿で作る!サクサクの柿パイの作り方

材料(ミニサイズ4つ分)

柿がザルに乗っているところ

  • 冷凍パイシート:2枚
  • 柿:1個
  • グラニュー糖 (または砂糖):10g
  • バター:10g
  • レモン汁:小さじ1
  • シナモンパウダー:少々
  • 卵黄:1個

柿パイのポイント

  • 今回はあきる野産の柿を使っていますが、どこ産の柿でもOK(笑)
  • 柿の甘さによって、グラニュー糖の量を調整してください。
  • 今回使用する柿はほとんど熟しておらず、マクドナルドのアップルパイの1/2ほどの甘さぐらいに仕上げます。
  • 冷凍パイシートは、常温で10分ほど置いて解凍しておきましょう。

作り方

柿をイチョウ切りにしたところ

柿は皮をむき、いちょう切りにします。

柿を砂糖で煮詰めているところ

柿、グラニュー糖、バター、レモン汁、シナモンパウダーをすべて鍋に入れて火にかけ、材料が混ざったら弱火にしてフタをし、約3分煮込みます。

柿が煮詰まった鍋

3分以上煮込むと形が崩れますので、長い時間火にかけないように注意してくださいね。

煮込み終わったらフタを取り、粗熱を取っておきます。

柿を包むパイ生地を切ったところ

冷凍パイシート1枚を4枚に切り、上側になる2枚は交互に切り込みを入れていきます。

パイ生地で柿を包んでいるところ

下側になる2枚は、めん棒でひと回り大きく伸ばし、柿を乗せます。

パイ生地で柿をつつんでいるところ

切込みを入れたパイシートを乗せ、端をフォークで押さえて閉じます。

パイをオーブンで焼いているところ

表面に卵黄を塗り、200℃に予熱したオーブンで10分焼けば完成です!

スポンサーリンク

完成した柿パイを食べてみた

柿パイが焼けたところ

完成した柿パイがこちら。部屋中が甘い香りでいっぱいに!

柿パイを切ったとこr

レモン汁を入れて煮詰めた柿は、まるであんずジャムのように甘酸っぱい味。シナモンの香りがふんわりと漂い、アップルパイに負けないおいしさです!

アップルパイの中身

アップルパイの生地を乗せたところ

アップルパイ

と言いつつ、パイシートがあと2枚残っていましたので、アップルパイも作ってみました。材料は、柿の具をりんごに変えるだけOK。安定のおいしさでした。

柿パイは、柿が嫌いな人でも食べられるおいしさですし、クリームチーズを入れてもおいしそう。

秋の味覚の柿を手に入れたら、ぜひ作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on linkedin
LinkedIn