昭和記念公園イルミネーション2019はライトアップに変更。「黄葉紅葉まつり」と共に「秋の夜散歩」へ


毎年12月初旬より催され、多摩地域を代表する、昭和記念公園の大規模な冬のクリスマスイルミネーションイベント「Winter Vista Illumination(ウィンタービスタイルミネーション)」。

約1万5,000個のグラスを使い、高さ4.5メートルにもなるシャンパングラスタワーや、ライトアップされる黄金色のイチョウ並木が見もの。毎年約20万人の来場者で溢れかえります。

令和元年の冬、今年はどんなイルミネーションが見られるのだろう?と、確かめてみたところ、

ん?

ええぇ!!

2019年度の昭和記念公園のイルミネーションは、秋のライトアップに変更ですと?!?

今年の冬のきらめきは、一体どうなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

昭和記念公園のイルミネーションが秋のライトアップに変更?!

昭和記念公園イルミネーション

昭和記念公園の公式ホームページによると、以下のように書かれています。

イルミネーションは秋のライトアップに変更となります

例年12月に開催していたウィンタービスタイルミネーションは、秋の夜散歩に変更となりました。平成9年より約20年の長きに渡り、沢山のお客様にご愛顧頂き感謝申し上げます。以降、秋の夜間開園「秋の夜散歩」を何卒宜しくお願い致します。

今年の冬は、イルミネーションは開催しないことは読み取れます。

しかし、”約20年の長きに渡り〜感謝申し上げます”の部分に注目!

これって、「長年の間イルミネーションを開催してきましたが、来年以降も開催しません。今までありがとうございました。」と、読み取れませんか・・?

昭和記念公園イルミネーション

昭和記念公園のイルミネーションは、1997年に「ウインタープレゼント」として、1万球のイルミネーションから開始。翌年から屋外スケートリンクの廃止に伴う代替イベントとして、イルミネーションも14万球になり、ほぼ現在の形で開催されるようになりました。

一体、どうしたのでしょうか?

(予算的なものでしょうか・・?)

20年以上、多摩地域の多くの人達が楽しんできた冬の恒例イベントが、もう見られなくなってしまうようなのです。

スポンサーリンク

その代わり行われるのが秋のライトアップ「秋の夜散歩」

イチョウ並木

えぇ、今年の冬は真っ暗なままなの?

終了だなんて、心の中まで暗くなってしまいますが、今年は冬のイルミネーションの代わりに「秋の夜散歩」が開催されます。

「冬」か「秋」へ、「イルミネーション」から「ライトアップ」へと変更です!

毎年、昭和記念公園の「かたらいのイチョウ並木」や「日本庭園」などで、黄色や赤色に紅葉したイチョウやもみじが楽しめる「黄葉紅葉まつり」が開催されます。

概要は以下の通リ。

期間 2019年11月2日(土)〜24日(日)
時間
  • 黄葉紅葉まつり:9:30〜16:30(通常開園時間)
  • 秋の夜散歩:16:30〜21:00(点灯17時・消灯20:30)※一部エリアのみ開園

「秋の夜散歩」は、黄色や赤色で染まったイチョウやもみじが、夜にライトアップされるのです。

イルミネーションが終了してしまうのは残念ですが、これは風情あふれる情景が楽しめるのではないでしょうか?

「秋の夜散歩」は通常の入園料プラス別途料金が必要

イチョウ並木

「秋の夜散歩」は、通常の公園入園料の他に別途料金が必要です。

料金は以下の通リ。

料金区分 大人 シルバー
通常入園券 450円 210円
デイ&ナイト券 610円 370円
ナイト券 450円 210円
プラスナイト券 160円 160円

料金の詳細はこちら

日中と秋の夜散歩が同時に楽しめるデイ&ナイト券が610円ですので、「秋の夜散歩」単体の料金は160円ということになります。

ナイト券だけで入園料と同料金ですので、日中から入園したほうが、昼と夜の表情の違いが楽しめてお得です。

日中のみ遊びに行かれた方が「秋の夜散歩も見ていくか!」となったときは、売店やレストランで「プラスナイト券」を購入すれば、引き続き見ることができます。

夜間開園エリア

画像参照:昭和記念公園

夜間開園エリアは、黄色い部分。秋の夜散歩から参加の場合、入園は西立川口・昭島口・砂川口に限られます。

日中から入園している場合、16時以降は、車や自転車を西立川口・砂川口の駐車場、駐輪場に移動する必要がありますのでご注意ください。

夜間は西立川口から日本庭園までバスが運行されます。バスの概要は以下の通リ。

料金(片道) 大人・シルバー:200円、小人:100円
始発 西立川口発:16:45
最終 日本庭園発:20:45
運行区間 西立川口〜日本庭園
運行間隔 約10分間隔
移動時間 約10分

もみじのライトアップは今年の秋いち押しイベント

昭和記念公園のもみじ

日本庭園は歩いているだけでも、心が落ち着く場所です。特に秋は庭園の水面まで反射し、真っ赤に色づきます。

イチョウ並木のライトアップは見ているだけでもうっとりしてしまいますが、日本庭園のもみじのライトアップなんて、まるで京都の嵐山みたいになるんじゃないですか?!

今年の昭和記念公園のポスターにはきっと、

「そうだ昭和記念公園、行こう。」

になるはず(JR東海に怒られます..)

色とりどりに染まるイチョウやもみじの中、写真を撮るのもよし!

友達や家族、彼氏彼女と歩くもよし!

ただ一人、うっとりたたずむもよし!

心の中の色も、あなただけの色に染めましょう(何言ってるんだ)

今年の紅葉とともに、秋の夜散歩も、ぜひ心待ちにしましょう!

昭和記念公園「秋の夜散歩」おすすめモデルコースとカウントダウン点灯式概要。限定どら焼きの販売も

国営昭和記念公園「黄葉紅葉まつり」&「秋の夜散歩」の詳しい情報はこちら

  • 電車:JR中央線「立川駅」より徒歩10分、多摩都市モノレール「立川北駅」より徒歩約8分、JR「西立川駅」から徒歩2分
  • 開催期間:2019年11月2日(土)〜 24日(日)/11月29日(金)〜 12月1日(日)
  • 時間:黄葉紅葉まつり 9:30〜16:30(通常開園時間)、秋の夜散歩 16:30〜21:00(点灯17時・消灯20:30)※一部エリアのみ開園
  • 昭和記念公園公式ホームページ
スポンサーリンク