昭和記念公園花火大会を穴場スポット「タチヒビーチ」で見よう!11/5(金)から予約スタート

タチヒビーチ
スポンサーリンク

夏に開催される予定であった「第60回 昭和記念公園花火大会」ですが、2018年度の今年は台風の影響により中止。

しかし、中止の苦難を乗り越えて、11月23日(金)に開催が決定されたことは、記憶に新しいかと思います。

【朗報】台風で中止の昭和記念公園花火大会2018が11月23日(金)に秋開催が決定!

一報を聞いたときはうれしすぎて涙がでましたが(笑)、問題は鑑賞場所ですよね。

花火大会の会場はたいへん混雑しますので、ゆっくり見るために有料席である「特別協賛者観覧チケット」を買っておくのが確実です。

国営昭和記念公園花火大会2019 有料観覧席『特別協賛者観覧席』チケットの種類と購入方法

でも、花火大会って会場に行かないと見られないわけではありません。

実はバーベキューを楽しみながら、花火を鑑賞できる穴場スポットがあるのをご存知でしょうか?

スポンサーリンク

日本最大のフェイクビーチ「タチヒビーチ」でも花火が見られる

JR立川駅から多摩モノレールに乗って「立飛」駅を降りると、ららぽーと立川立飛駅の道路を挟んだ場所に、日本最大のフェイクビーチ「タチヒビーチ」があります。

ここではバーベキュー設備が完備してあり、食材を持ち込んで楽しむことができます。

こんなにキレイな白い砂浜があり、バスケットなども楽しめちゃうレジャースポット!

エリア内で販売されている手持ちの花火も楽しめちゃうのです!

雪

9月下旬だというのに、雪を降らせてクリスマスイベントまでやっちゃう、斬新すぎるアイデアが豊富のタチヒビーチ!

タチヒビーチの日本一早いクリスマスフェスティバルに行ってきた。秋の夜空に雪が降る!

こんなに楽しめちゃうスポットから、実は昭和記念公園の花火が打ち上がるのを見ることができちゃうのです。

花火が打ち上がる昭和記念公園の方角を見ると、タチヒビーチの前にそびえ立つような大きな建物があるわけでもありません。

まさに、白い砂浜から打ち上がる花火を見られる穴場スポット間違いなし!

手持ち花火をしながら、打ち上げ花火も見られるなんて、なんとも素敵すぎて熱い思い出がたくさんできそうです。

昭和記念公園の花火大会が見られる11月23日(金)のバーベキューの予約は、11月5日(月)の20時よりスタートです。

電話はつながりにくいことが予想されるため、予約は公式サイトからのほうが確実とのこと。

タチヒビーチの公式サイトはこちら

打ち上がる花火をただ眺めているだけではつまらない!

食べながら飲みながら遊びながら花火を楽しみたいというかたは、5日の20時にスマホやPCの前で予約の合図が打ち上がるのを楽しみに待機していましょう。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

多摩っぷ編集局

多摩地域の中でも特に立川エリアが大好き。地域のグルメやスイーツ、おでかけスポットやイベント情報、地域コラムなどを主に書いています。