【保存版】立川市の桜の名所・お花見スポット10選。春になったらおでかけしよう

立川市の桜スポット

東京で開花宣言が発表されると、春の訪れを一気に感じますよね。

淡いピンク色に咲き誇る桜を見に行きたいけれど、上野や目黒川などの都心のお花見スポットは大混雑。花より人を見に行くようなもの(泣)

多摩地域である立川市でも、桜が見られるスポットは多数あり、都心より比較的空いている穴場スポットも!

立川市の桜の名所やお花見ができるスポットを10箇所ぐるぐると実際に回ってきましたので、早速ご紹介したいと思います。



ここがおすすめ!立川市の桜の名所・お花見スポット10選

1.国営昭和記念公園

立川市の桜スポット

広大な敷地内に31種類、1,500本の桜がある国営昭和記念公園。残堀川の両端には、ピンク色の濃淡2色の桜、黄色いヤマブキや白いユキヤナギなどのグラデーションがとてもキレイです。

立川市の桜スポット

桜の木の下を歩くことができ、まるでおとぎの国に訪れたかのよう!他の花と競い合っているかのように咲き誇り、さまざまな景色を見ることができます。

立川市の桜スポット

「みんなの原っぱ」のすぐとなりに位置する「桜の園」。樹齢50年の桜の大木は圧巻で、座ると目線の高さまで垂れ下がっているものもあります。

立川市の桜スポット

菜の花畑もあり、黄色とピンク色のコントラストも楽しめます。

毎年多くの人がレジャーシートを敷いて、各自持参した遊具で遊びながら、お花見を楽しんでいる光景が見られます。

昭和記念公園3月末 桜の開花状況2019。ピンク色の道沿いを歩くのはとても気持ちがいい

  • 場所:立川市緑町3173
  • アクセス:JR立川駅を降り、昭和記念公園「あけぼの口」から徒歩で約10分
  • 入園料:大人(15歳以上)450円・小人 無料

2.立川まんがぱーく

立川市の桜スポット

立川駅南口から徒歩で約13分の地にある「立川まんがぱーく」は、子ども未来センターに併設の漫画の図書館。漫画のほかに、いろいろな雑誌や絵本などもそろい、安い料金で楽しめます。

立川市の桜スポット

立川まんがぱーくの敷地内には多くの桜が咲き誇り、敷地内に設置してあるテーブルでお花見を楽しむことができます。

好きなまんがとともに、お花見も一緒に楽しめるスポットです。

  • 場所:立川市錦町3-2-26
  • アクセス:JR立川駅南口から徒歩で約13分

3.根川緑道 野球場となり

立川市の桜スポット

柴崎体育館近くにある根川緑道は、小川に沿って遊歩道が整備された全長1.3kmの緑道。大正天皇即位を記念して植樹されたというソメイヨシノの桜が、水辺に映る美しい桜並木道です。

立川市の桜スポット

特に駅から約10分ほど歩いた場所にある立川公園陸上競技場横の桜並木は、橋の上からの景観が圧巻。桜の下でシートを敷いて、ゆったりとお花見を楽しめます。

  • 場所:立川市錦町6丁目 立川公園陸上競技場横
  • アクセス:多摩モノレール 柴崎体育館駅下車、徒歩約10分

4.玉川上水

立川市の桜スポット

かつて江戸中へ飲料水を供給するために整備された玉川上水。歴史を感じる穏やかな川の流れに沿って咲く花を見ていると、心がゆったりと癒やされていくのを感じます。

立川市の桜スポット

水辺にはカルガモが泳いでいるのを見ることができるカモ?!駅前でも十分に楽しめますが、見影橋公園近くまで行くと、さらに多くの桜を見られます。

水辺沿いの散策がおすすめです。

  • 場所:立川市砂川町3丁目 見影橋公園近く
  • アクセス:多摩モノレール・西武拝島線 玉川上水駅から徒歩で約10分

5.錦第二公園(オニ公園)

立川市の桜スポット

立川でアニメの聖地として有名な錦第二公園、通称オニ公園。真っ赤なオニの滑り台のある公園内は、見事に桜が咲き誇っています。

立川市の桜スポット

毎年近所の人たちの花見の場所となっており、子どもたちと遊びながらシートを敷いて花見を楽しめます。

お花見を楽しみながら、アニメの聖地巡りにもぴったりの場所です。

聖☆おにいさんの聖地!オニ公園は地元の人たちに長年愛され続けている立川の名物スポット

  • 場所:立川市錦町1-5-13
  • アクセス:JR立川駅南口から徒歩で約10分

6.立川市役所〜立川警察署(中央南北線)

立川市の桜スポット

立川警察署や立川市役所が立ち並ぶ中央南北線。この道路の両側に桜並木が整備されています。

立川市の桜スポット

道がまっすぐに整備されており、桜並木の中を自転車で走れば、気分爽快に走れること間違いなしのスポットです。

  • 住所:立川市泉町1156番地9 立川警察署〜立川市役所近く
  • アクセス:JR立川駅から徒歩で約20分

7.立川北口公園 憩いの場

立川市の桜スポット

立川駅北口、ファーレ立川入口にある、立川市政50周年を記念して造られた公園に、1本の立派な桜があります。駅周辺のシンボルツリーとして、多くの人を癒やし続けています。

立川市の桜スポット

公園内にはベンチがあり、多くの地元の方たちやサラリーマンの憩いのスポットになっているようです。

  • 住所:立川市曙町2丁目交差点
  • アクセス:JR立川駅北口から徒歩で約5分

8.ららぽーと立川立飛の裏

立川市の桜スポット

立川市の商業施設として多くの人で賑わう「ららぽーと立川立飛」ですが、裏側の結婚式場「ルーデンス立川ウェディングガーデン」前の通りに、桜並木があります。

立川市の桜スポット

花見はできませんが、買い物や結婚式で訪れた人々の目を楽しませてくれます。車で通るのも楽しみの1つです。

  • 住所:立川市泉町935-1
  • アクセス:多摩モノレール 立飛駅から徒歩で約5分

9.高松駅前 緑町北公園

立川市の桜スポット

多摩モノレール「高松」駅前にある「緑町北公園」には、多くの桜の木とともに芝生の上でシートを敷いて、多摩モノレールを眺めながら花見を楽しめます。

立川市の桜スポット

すべり台やトンネル、砂場やブランコなどの遊具もあり、子どもたちが多く遊ぶ姿が見られます。近くにIKEAがあるため、ショッピング帰りに楽しむのもいいですね。

  • 住所:東京都立川市緑町7
  • アクセス:多摩モノレール 高松駅から徒歩で約1分

10.泉体育館

立川市の桜スポット

多摩モノレール「泉体育館」駅周辺は、モノレール沿線の中でも有名な桜の名所。体育館周辺の桜のトンネルは、毎年多くの見物客が訪れます。

立川市の桜スポット

多摩モノレールと桜のコラボ写真が撮れますので、電車好きの方にぴったりの花見スポットです。

  • 住所:東京都立川市泉町841
  • アクセス:多摩モノレール「泉体育間」駅から徒歩で約1分

お花見するもよし!歩くだけでも気持ちいいので出かけよう

立川市の桜スポット

青空とピンク色の桜の下でお花見をすると、心が癒やされるのが春のすばらしいところですよね。

私は花見より、やっぱりお団子かも(笑)

立川エリアの花見スポットは都心で開花してから約1週間後が見頃です。比較的空いている中で、ゆったりと花見ができるところが、多摩地域でお花見をするメリットです。

ただし、住宅街の中に花見スポットがある場所もありますので、マナーはきちんと守るようにしたいですね。

今回紹介した10箇所以外にも、立川市にはまだまだ多くの花見スポットがあります。

「え、こんなところに桜の木があったの!」と発見するのも、春の楽しみの一つです。心をポカポカに癒やしてくれる春の訪れを感じに、あなたもぜひおでかけしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。