日常にある「当たり前」が「当たり前」と思わないために、あえて東京の西側に向かう

立川駅前

昼は多くの通勤客や買い物客が縦横無尽に行き交い、夜はきらびやかなネオン街に変貌する立川駅周辺は、「24時間眠らない街」と言えるであろう。

ほぼ毎日のように立川駅を利用している私としては、便利で何事もない当たり前の日常に感謝しつつ、当たり前すぎる日常に不安になることもある。

人工的に作られた街並みは近未来的で美しく、生活する上では不自由さを感じることはない。しかし、この当たり前の日常がずっと続くとは限らないのが現実・・。

「便利さに慣れちゃいけない。」

地震や台風にによる災害が多い昨今。当たり前に慣れすぎてきたなと思ったら、私はあえて、さらに東京の西側に向かう。

多摩地域の夜空

真っ暗である。

カメラの補正で明るくなってはいるが、街灯がない山の中を一人で歩いていると、恐怖と不安に襲われ、足がすくむほどである。

いつものきらびやかなネオン街はない。

前に進むために必要な街灯はほとんどない。

電源やWi-Fi完備のカフェやファストフードもない。

これが「自然」そのものというもの。もし、自分がこの中にポイッと放り投げられたら、一体どうやって生きていくのだろうか?

檜原村の山々

水や食料はどうやって確保する?

火はどうやって起こす?

寒さをしのぐためにはどうしたらいい?

スマホの電波なんて届かないとき、どうやって助けを求めたらいい?

「なんとかして生きなきゃ、生きるためにどうすればいい?」

「当たり前」にあるものがない場所に訪れると、野性的な感覚がどんどん研ぎ澄まされていくのを感じる。

同時に、当たり前にあるものに対して、感謝の気持ちでいっぱいになる。

生きていくのはつらい。

しかし、こんなに便利な街を作ってくれた人たちに、つらい、大変!なんて言っていたら失礼じゃないか?

日常にある「当たり前」を「ありがたい」と言い換えた瞬間、物ごとを見る視点が変わり、見える景色が変わるから不思議だ。

多摩モノレール

日常にある「当たり前」が、実は「当たり前」ではない。

近すぎるがゆえに、見えなくなっていることに気づくようにしよう。

この街にあるものが当たり前と思い込み、感謝の気持ちを感じることが薄れてきたら、再び鈍った感性を磨きに出かけようと思う。

スポンサーリンク