立川駅北口「GREEN SPRINGS(仮称)」の建設状況。2020年春オープンまでの写真を記録


立川駅北側の「みどり地区」では「立飛みどり地区プロジェクト」による新しい商業施設「(仮称)GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」の建設が着々と進められています。

このプロジェクトは、多摩地区最大規模となる約2,500席(予定)のホール、新たに掘削する天然温泉が特徴のホテル、商業施設、オフィス等で構成された、大規模複合開発プロジェクトです。

参照:立川駅北側 約3.9万㎡の広大な敷地に新しい街区を開発「(仮称)立飛みどり地区プロジェクト」街区名称は「(仮称)GREEN SPRINGS」

ここに、巨大な街が1つ出現すると言っても過言ではありません。

私も「みどり地区」は定期的に歴史を追っているのですが、せっかくだから建設記録でも残しておこうかなと。

計画が着工する前の写真から断続的ではありますが、「みどり地区」が現在までどのように変わっていったのか?

一緒に追ってみることにしましょう。



2016年〜2017年ごろは緑の原っぱだった

2016年7月24日の写真です。

一面、鮮やかな草の中に、真っ白いヤギが見えます。オフィスビルや大型商業施設が立ち並ぶ中で、みどり地区はその名前の通り、自然豊かな場所でした。

1年が経ち、2017年7月28日の写真です。ちょうど昭和記念公園花火大会の日ですね。

変わらず緑がいっぱい溢れるみどり地区です。

のどかな自然の中を気持ちよさそうに歩き回る、たくさんのヤギさんたち。

暑さでバテバテになっているヤギさんたち。

みどり地区をいつ通っても、ヤギさんたちに私は癒やされてきましたが、実はこのすぐ後に除草勤務を無事に終え、ヤギさんたちはふるさとに帰ることになったのでした。


みどり地区のヤギさん、戻ってくるも3ヶ月で再び帰る

こちらは2018年2月19日(月)の写真です。

ヤギさんたちがふるさとに帰ってしまった後は草は全部刈り取られてしまい、ボーリング作業や天然温泉の掘削工事が着々と始まっていました。

しかし!この後再び、ヤギさん達が除草任務のために2018年4月に戻ってきたのです。

このお知らせは本当にうれしかった!

おかえり、ヤギさん!

こちらは2018年6月19日(火)の写真です。

あれ?そういえば2018年2月の時点では草がなくなっていましたので、再び草を植えたのでしょうか・・?

ヤギさんの除草任務とは・・?

やっぱりヤギさんがいるみどり地区は、とても活気があります。

頑張れ〜、ヤギさ〜ん!

そんな時、再び悲しいお知らせが!

なんと、再びヤギさんたちがふるさとに帰ることに(泣)

立川駅「みどり地区」のヤギさんとのお別れ会は7月2日。今のうちに目に焼き付けておこう

行ったり来たり・・。本当にお疲れ様でした。

お別れ会のときは、私はかわいい我が子を見送るかのように、ジャージャーと涙が流れっぱなしでした。

仕事がつらくてしんどいとき、立川みどり地区のヤギさんたちの黙々と働く姿に勇気づけられてきた

ヤギさん退職後、着々と建設工事がはじまる

こちらは2018年7月27日(金)の写真です。

2018年7月2日でヤギさんが退職した後は、ヤギさんたちがいた場所の草はすっかり刈られてしまい、コンクリートや鉄筋までが組まれて、着々と新しい街が作られようとしています。

 

2018年8月28日(火)の写真です。

基礎が着々と完成してきました。しっかりとした土台が出来上がりつつあります。

GREEN SPRINGSの2018年9月の様子

2018年9月28日(金)の写真です。

コンクリートが流しこまれて、いよいよ来月は上の方まで伸びてくるんでしょうか?

この後2020年春の開業に向けて、どんどん生まれ変わってくるみどり地区。

「(仮称)GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」の完成予定は、2020年2月末の予定になっています。

それまでどんどん生まれ変わっていく街の姿を、定期的にこちらにアップしていきますね。

今から、とても楽しみです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。