あじまるファン必見!国立駅「中華そば 初代修」で限定「あじまる風豚骨正油ラーメン」を食べてきた

「初代修」のラーメン

立川最強の伝説ラーメン店として名を残す「あじまる」。いつの間にか閉店してしまったものの、ニンニクたっぷりの豚骨ラーメンは、1度食べたら忘れられないほど、多くの人の心に刻み込まれています。

「あじまる」の大ファンの一人として、その味を受け継ぐ東大和市にある「とんがら亭」まで行ってきたほど・・。

立川最強の伝説ラーメン「あじまる」の味が東大和にある「とんがら亭」で受け継がれる

そして、国立市に伝説の味を受け継ぐラーメン店「中華そば 初代修(しょだいのぶ)」を発見!

早速、あじまる風の限定ラーメンを食べに行って参りましたので、ご紹介したいと思います。



JR国立駅から「中華そば 初代修」までの場所

国立駅 旧駅舎

「初代修」はJR国立駅から徒歩7分。駅を降りたら、赤い屋根の旧駅舎がある南口に向かいます。

「初代修」までの道

「富士見通り」をまっすぐ歩いていきます。

初代修のお店

こちらが伝説の味を受け継ぐ「中華そば 初代修」。黒い看板に赤い文字が目印です。

以前は反対側の通り「旭通り」沿いにありましたが、2016年4月に移転し、リニューアルオープンしました。

「初代修」灰皿とメニュー

お店の前に灰皿と営業時間が書かれた看板が置いてあります。

「初代修」の外観

中華そばが730円とリーズナブル!早速入ってみることにしましょう。


なぜ「あじまる風ラーメン」を食べられるのか?

「初代修」の券売機

お店の入り口にある券売機がこちら。中華そば(730円)、スペシャル中華そば(980円)、つけめん(830円)、油そば(750円)などが主流のメニューです。

券売機のあじまるの文字

初回訪問にも関わらず、今回の目的は定番メニューではありません。券売機の右側に書かれている手書きの文字「あじまる風豚骨正油ラーメン」です。

1秒たりとも迷うことなく、左下の券売機ボタンをポチッと押していました(笑)カウンター席でご主人に券を渡します。

あじまる

あの、あじまるの味を受け継ぐラーメンが「初代修」で食べられるのは、一体なぜなのか?

ご主人の吉田修篤さんこそ、「あじまる」でみっちりと修行されてきた方だからです。

「あじまる」の後は府中「らいおん」、八王子「中華そば 青葉」と、3店舗で計10年間修行を積まれ、日々研究と改良を重ねて2007年に独立。「中華そば 初代修」を開店されました。

平静を装っていましたが、内心では「あじまるの味が国立で食べられるなんて!」と、入った瞬間から大興奮!

「初代修」のカウンター

店内は、L字カウンター10席のみのこじんまりした空間。通路や椅子同士の間隔は狭いですが、和風モダンなおしゃれで落ち着いた雰囲気です。

「初代修」の水

お水は入り口付近でコップを持っていき、セルフサービスとなっています。

「初代修」のカウンター上

カウンターの上にはこしょう・お酢・にんにく酢・唐辛子が用意されていました。

「初代修」のメニュー

こちらがメニュー表です。

特徴的なのは、麺が5種類(極細・普通・中太・真空平打・極太)から選べること。通常は「普通」ですが、注文時に変更することができます。

今回は初回なので「普通」の麺で、麺の量は大盛り(+100円)をオーダーすることにしました。

あじまるの味を受け継ぐ!「あじまる風豚骨正油ラーメン」がこちら

「初代修」のラーメン

こちらが、立川最強の伝説ラーメン店「あじまる」の味を受け継ぐ「あじまる風豚骨正油ラーメン」。トッピングはもやし・チャーシュー・メンマ・のりと、シンプルさが「あじまる」そっくり!

運ばれてきた瞬間、「器が大きい!」とびっくりしましたが、あじまるのお店のシンプルな器そっくりで見ただけで大興奮!

「初代修」のスープ

スープが、スープが、スープが、

あじまるスープ!!

にんにくや背脂の量は「あじまる」ほどではないものの、にんにくと正油の香ばしい香りと濃厚な豚骨スープのバランスは、懐かしい記憶が一瞬で蘇ってくるほどでした。

「初代修」のチャーシュー

チャーシューは分厚く、あじまる以上に大きいです。

「初代修」のもやし

もやしにもスープの旨味がたっぷり染み込んでいます。

「初代修」のメンマ

大きいメンマは食感が柔らかく、優しい風味です。

「初代修」の麺

麺は中細のストレート。つやつやの麺にしっかりしたコシが感じられて、スープとよく絡み合います。

「初代修」のにんにく酢

スープにさらににんにく酢を足して、にんにくもりもりな感じで食べて、一気に完食してしまいました。

あじまる風ラーメンは、月1度出てくるかも。SNSをチェックしてみよう

「初代修」のラーメン

「あじまる」は湯切りしたお湯や油が床にしたたるギトギトの店内でしたが、そんな店内でもラーメンは抜群においしかったんですよね。

「初代修」はご主人があじまるの味をしっかりと受けつぎ、さらに洗練させた、進化系あじまるラーメン店と言えるでしょう。

ご主人に「あじまる風ラーメンは、また出てきますか?」と尋ねてみたところ、「私の気分次第で出しますよ〜。1ヶ月に1度ぐらいは出します。TwitterやFacebookをチェックしてみてくださいね」とのことでした。(ご主人のTwitterアカウントはこちら→吉田 修篤 @shodainobu

なんてお茶目なご主人。人柄にも惹かれて来るのか、多くのリピーターが付いている印象のお店でした。

伝説の味を堪能できて感動しました!

また、行きますね。

ごちそうさまでした!

「中華そば 初代修」の詳しい情報はこちら

  • 住所:東京都国立市中1-14-45
  • 電話:042-507-7945
  • アクセス:JR国立駅から徒歩6分
  • 営業時間:[月~金]11:30~14:30、18:00~21:00[土・日・祝]11:30~15:00
  • 定休日 :不定休
  • ホームページ(Facebook)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。