東京でホタルを見るなら玉川上水駅前へ。漆黒の暗闇の中にふわっと瞬く光を見てきた


6月は梅雨の季節で、ジメジメした天気でイヤな気分になりますが、こんなときこそほんのりと光るホタルを見て、心から温まりたいと思いませんか?

東京郊外でも奥多摩や青梅、あきる野などでは、ホタルを見られるところがたくさんあります。

「東京都内でホタルを見られるところってないかしら?」と色々探していたら、実は立川市でもホタルを見られるスポットがあるのです。

その駅は、西武拝島線「玉川上水」駅。ぐでたまの看板がかわいらしい駅です。(現在は通常の看板に戻っています)

ホタル

駅構内にも「ほたるを探してみませんか?」というポスターが貼っており、玉川上水駅沿いを5分ほど歩いていくと、ホタルを見られることがわかります。

ホタル

6月中旬の日曜日、西武拝島線「玉川上水」駅前にやってきました。時刻は20時30分。

ホタルがよく飛ぶ時間は20〜21時頃と言われていますので、ちょうど今頃なら飛んでいるはずです。

ホタル

こちらが玉川上水です。真っ暗ですが、チョロチョロと水が流れる音が聞こえます。

ホタル

玉川上水沿いの狭い街道を歩いていきます。ちかん、ストーカーに注意しながら向かってみましょう。

ホタル

真っ暗です。横の街灯だけが頼りです。

ホタル

誰もいません。何か出てきたらどうしよう(泣)

ホタル

漆黒の暗闇です(泣)街灯がない場所もあり、歩く時は足元に注意です。

こちらは水が流れている写真ですが、心がキレイな人にはきっと見えるはずです(笑)

5分ほど歩き、ポスターに書かれていた千手橋付近にやってきました。

木や草の茂みなどを色々探してみるのですが、ホタルは見かけません。「雨上がりじゃないと飛んでいないのかな?」と諦めかけていたそのとき、

ホタル

ホタル発見!

よーく見てみると、黄色く瞬くホタルが何匹か飛んでいるのがわかります。ふわふわ〜っと出現する幻想的な光にうっとり。

ふわっと現れては消え、ふわふわ〜っと飛んで行ってしまいます。

私のカメラテクニックでは、この一匹しか撮れませんでしたが(汗)、瞬く光の数々は、自分の目にしっかりと焼きつけておきました。

欲を言えば、もうちょっとたくさん飛んでいる光景を見たかったな・・。でも、生のホタルを見られただけでも十分に満足です。

しばらくしたら、ご近所の方たちがチラホラ集まってきて、「こっちの方がいるよ。」と、暗闇でビクビクしている私に優しく教えていただきました。

ホタルの光より、人の温かさにホッとした次第でした。

玉川上水駅前でホタルを見られるのは、5月下旬〜6月末です。

東京郊外にお越しの際は、幻想的な光をぜひ見に来てくださいね。

スポンサーリンク